【とろ蜜きな粉レビュー】これは大福に見えるけど、大福ではない

立ち寄った新橋駅の構内で、不思議なお菓子を見つけました。

巴庵 わらび餅饅頭 「とろ蜜きな粉」
新橋構内の出店

大福(お饅頭?)に見えますが、わらび餅なんです。家族がわらび餅を大好きなので、ためしに1パック買ってみました。

巴庵 わらび餅饅頭 「とろ蜜きな粉」
大福にもお饅頭にも見える、わらび餅

通常のわらび餅は、上から蜜をかけますよね。しかし、これは中に蜜が入っているので、ひとつ手間がはぶけます。

さっそく、食のチャレンジです。お箸でついばむと、

巴庵 わらび餅饅頭 「とろ蜜きな粉」

あらら、無残な姿になってしまいました。写真のぶれは、奮闘の表れです。結局、手づかみになってしまいました。

巴庵 わらび餅饅頭 「とろ蜜きな粉」

そこで次は、包丁で丁寧に切りました。今度は、スマートに食べられました。見た目も良いので、来客用のお茶請けなら、この方が良いでしょう。

巴庵 わらび餅饅頭 「とろ蜜きな粉」
あらかじめ切った方が、スマートに食べられることが判明

きな粉が香ばしく、黒蜜が入ったあんこがとろけるようです。がっつり食べられるので、満腹中枢も刺激できそうです。この巴庵 わらび餅饅頭とろ蜜きな粉はネットでも購入できます。


木村邦彦

法政大学文学部哲学科卒業。書籍編集、業界紙記者を経て編集、ライターなどをしています。(さらに詳しい自己紹介