【レッド・ツェッペリン誕生前夜】ジェフ・ベックとドノヴァンらの名曲から

シェアする

トゥルース  <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015/>対象商品

ビートルズであれ、ローリング・ストーンズであれ、デビューに至るまでの逸話には、ワクワクさせられるものがあります。ここでは「まだレッド・ツェッペリンじゃないけれど、ツェッペリンっぽい」曲に思いを馳せてみたいと思います。

スポンサーリンク

BECK’S BOLERO

ジミー・ペイジとジェフ・ベックは、ヤードバーズでは同僚だったし、古くからの友人でした。ジェフ・ベックの名盤に「トゥルース」(1968年)というアルバムがあります。

トゥルース  <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015/>対象商品

このアルバムは第一期ジェフベックグループ(1967〜1969年)と呼ばれる時期に作られました。ボーカルがロッド・スチュアートで、ベースにロン・ウッドなどがいます。

ところが 「BECK’S BOLERO」(ベックス・ボレロ)という1曲だけが、全く違ったミュージシャンたちによって演奏されています。

作曲したジミー・ペイジがリズムギターとして、ベースにジョン・ポール・ジョーンズ、ドラムスにキース・ムーン、ニッキー・ホプキンスがピアノで参加しています。

このセッションでキース・ムーンが言った「もしも俺たちが今いるバンドを辞めたら、きっと向こうは鉛の気球みたいに急降下するだろうぜ」という言葉が、のちに「Led Zepperin」というバンド名のヒントになったとか。

この曲で一番カッコいいのは、キース・ムーンではないでしょうか。中盤で突然絶叫し、ザ・フーそのままのスタイルで演奏をはじめます。もしもツェッペリンのドラマーが、ボンゾじゃなくてキース・ムーンだったなら…。このようなワイルドで荒削りなサウンドだったのかもしれませんね。

ドラムをたしなむ人たちの解説によれば、彼のドラミングの特徴は、ほとんどハイハットを使わないところらしい。リズムを刻む暇があるなら、なるほどキースにはもっと暴れてほしいと思っていまいます。

Hurdy Gurdy Man

ドノヴァンは、フォーク系の偉大なミュージシャンです。彼には「Hurdy Gurdy Man」(1968)という名曲があるのですが、なんとロバート・プラント以外のメンバーが、スタジオミュージシャンとして参加しています。ジミー・ペイジ、ジョンジー、ボンゾによって生み出されるサウンドは、ファーストからセカンドアルバムに近しいレッド・ツェッペリンのサウンドと言っても過言ではありません。

ボーカルがドノヴァンだからかもしれませんが、レッド・ツェッペリンⅢに通じるアシッドフォークのような魅力を感じます。

1969年 そして彼らはデビューした

新人グループとしては破格の20万ドルでアトランティック・レコードと契約し、レッド・ツェッペリンは爆発するヒンデンブルク号をジャケットにした超有名なアルバムでデビューします。

この後の快進撃は、ご存じのとおり。ツェッペリンは始まる前から、すでに格好良かったことが感じられます。

【あわせて読みたいオススメ記事】 すごすぎ!10ccの名曲のサウンドを完全再現!美しすぎて涙腺、緩みっぱなし(笑) | かくひとかくひと

PR
木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク