【アポカリプティック・サウンド集】日本でも報告、世界の終わりを告げる不思議な音

シェアする

黙示録のラッパ吹き

黙示録のラッパ吹き[1]

「アポカリプティック・サウンド」という不思議な音をご存じですか?

金属の重い扉が開くような轟音。もしくは、巨人がドシン、ドシンと歩くような爆音。歪ませたギターサウンドにエコーをかけたような音の木霊。不安感をかき立てるサウンドが、空全体で鳴り響きます。

悲しげな音色でこだまする不思議なこの音は、「アポカリプティック・サウンド」と呼ばれ­ています。アポカリプスは「黙示」という意味で、新約聖書「ヨハネの黙示録」に見られるような終末思想を暗示することば。「黙示録のラッパ吹き」を連想させるところから、いつのまにか「アポカリプティック・サウンド」という名が定着しました。

黙示録のラッパ吹き(もくしろくのラッパふき)は、 『ヨハネの黙示録』に記される、ラッパを与えられた神の御遣い(天使)。 小羊(キリスト)が解く七つの封印の内、最後の七つ目の封印が解かれた時に現れるという。

出典:黙示録のラッパ吹き – Wikipedia

「アポカリプティック・サウンド」はあまりにも神秘的な音なので、私はこの怖〜い音が大好きです(笑)

最初の報告例は、2011年08月11日のウクライナ首都キエフのものと言われています。YouTubeで配信されているサウンドは、まるで巨人の寝息のように聞こえます。

出典:Strange sound in Kiev again Aug.11.11. Опять странный звук в Киеве 11.08.11 – YouTube

その後、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、デンマーク、ノルウェー、ポーランド、ギリシャ、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、ブラジルなど世界各地で報告が相次ぎました。

これらの音をよくよく聞いてみると、聞き覚えがあるサウンドもありませんでしょうか。

出典:世界の終わりを告げる音?アポカリプティック・サウンド! – YouTube

出典:Strange Sounds Happening Again in Terrace British Columbia May 7th 2015 7:50am – YouTube

出典:Strange Sounds from the Sky – YouTube

日本でも報告例があります。

出典:アポカリプティックサウンド -Apocalyptic Sounds- 神奈川県横浜市 – YouTube

出典:遂に宮城県でもアポカリプティックサウンドが! 日時2015年1/6 PM11:40頃 – YouTube

2015年5月17日にNASAは、音の原因は大気中の放電現象に伴う電磁波の可能性という見解を示しました。放電現象に私たちはふだん気づくことはありませんが、実はあらゆる場所でいつも起きている現象なのだそうです。

とはいえ、これはあくまで「見解」にすぎません。「聖書で語られる世界の終わりを告げる音」「宇宙放射線の放射音」「HAARPによる気象操作」「磁場の影響によるポールシフト」「地殻の異常」「宇宙人からのメッセージ」などといった噂もありますが、本当の原因はまだ不明。工事現場、野外ライブ会場、飛行場、走る電車、海の波。このような原因はないのかな?

最後に、下の動画は、宇宙で録音された地球の音です。

出典:NASAの衛星が録音した地球の音 – YouTube

宇宙空間には空気がないので、音はしないと考えられがちですが、地球からは電磁波などが飛び交っており、それらをうまくキャッチできると音として再現できるのだそうです。私たちはふだん聞き取ることはできないサウンドかもしれませんが、地球自体が音を出しているのも不思議ですよね。

PR


  1. Auftraggeber: Otto III. oder Heinrich II. – Bamberger Apokalypse Folio 19 verso, Bamberg, Staatsbibliothek, MS A. II. 42 The Seven Trumpets and the angel with a censer,BambergApocalypseFolio019v7AngelsWith7TrumpetsAnd1WithCenser – 黙示録のラッパ吹き – Wikipedia
木村邦彦
某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク