【音楽の鎮痛剤 Mahogany】これを聴きながらだと仕事の効率が、きっと上がるよ

シェアする

static1.squarespace

画像の出典:ABOUT — Mahogany

荒ぶる心を鎮めてくれるような歌モノをご紹介します。1995年にアメリカのミシガン州で結成されたMahogany(マホガニー)です。

卓越したソング・ライティング、アレンジ能力が光るアンドリュー・プリンツと、優しく浮遊感のあるボーカルが魅力的なジャクリン・スリムからなる二人組で、音楽的なジャンルとしては、シュゲイザーやドリームポップに位置します。現在も活動中ですが、手に入りやすいアルバム数は4枚程度と、おそろしく寡作です。

2006年に発表されたセカンドアルバム「Connectivity!」から曲「Tesselation, Formerly Plateau One」をセレクトしてみました。ニコとモーリン・タッカーがいるピュアーなヴェルヴェット・アンダーグランドを彷彿してしまいました。澄み切った世界観にうっとりです。

Connectivity!

画像の出典:Connectivity!

シューゲイザーの大御所たち、たとえばマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのようなノイジーな要素はあまりありません。後期のコクトーツインズが好きな方にお勧めかも。湿った暗さみたいなものは感じさせず、ジャクリン・スリムのささやくような歌声に癒やされます。

Memory Column, Early Works & Rarities」から「The Age Of Rectangles」という曲です。

えてして、このようなテンションです。安定したクォリティの高い曲作りが光ります。

作業中に、邪魔にならない音楽って機械的なテクノだったり、アンビエントドローンのような音響系だったりするかもしれません。荒ぶる魂を鎮めてくれるようなボーカルも、案外良いものですよ。

これからもMahogany、アンドリュー・プリンツとジャクリン・スリムの活動を深掘りしてしてゆきたいと思います!

公式サイト

【参考資料】
バイオグラフィー:https://itunes.apple.com/jp/artist/mahogany/id6949233

木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク