【ゴミ屋敷に行ってみた】大量のゴミで内部からジワジワと崩壊するお家!

20080

先日にお伝えした近所のゴミ屋敷。ここを訪れるのは、妻との休日の散歩コースになりつつあります。この日の東京は、秋雨がやみ晴れて清々しい一日でした。

ゴミ屋敷の前のところどころで、通行人が足をとめます。近所の不思議スポットです。

20078-11

お家の外壁や扉に、苦情を書かれた紙が貼られています。その数も多くなっていました。

T君!
火が出たらどうする?責任とれるのか?

T君へ
あなたはここに住んでいません。このままでは危険です。何かあったらどうする。ご近所が安心できるようにしてください。きっとあなたなら大丈夫。きれいになりますよ。

「あなたはここに住んでいません」という一文に、はじめ「おやっ?」と思った後に、他のメッセージも併せて読んで意味が分かりました。

「撤去させない」と言い張るあなた。公園でダンボールで寝ているあなた。自分でこの家は住めないと認めたことに気づいてくれ。

「住める」「住めない」が争点になっていて、持ち主は「住める」と主張しています。見た目は、明らかに住めませんが…。

ゴミの撤去と併せて、お家も取り壊しをせざるを得ないように見えます。当然、その費用も必要です。場所は、閑静で住み心地が良い住宅街にあります。土地の売却益を処理費用にあてることも可能かもしれません。

お家のなかは、びっしりとゴミが詰まっています。これでは住むことも、入ることすらもできないでしょう。道路にまで溢れんばかりで、誰かがこっそり不法投棄していったん大量のテレビまであります。

このお家が、かつて「税理士事務所」を営んでいたことが分かる看板。

20078-05

苦情のメッセージから、おそらくお父様が税理士だったと想像されます。お父様がお亡くなりなった後、この名家はゴミ屋敷に変貌したことが分かります。

お庭だった思われるスペースは、ゴミが地層のように積み重なっています。防臭のためか、風雨で崩壊させないためなのか、黒いビニールシートが被されていました。ちなみに、先月はこのような状態でした。

最近は、台風の数も被害も多く家屋の倒壊も心配です。ゴミ屋敷の行方、しばらく目が離せません。

東浩紀さんの新著は話題の問題作『ゲンロン0 観光客の哲学』で、戦争や災害など「悲劇の地」を観光の対象とする「ダークツーリズム」というアイデアを紹介しています。
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク