【バイラルメディアとエンゲージメント】ぼくは君とウンコの話をしたんだ!

シェアする

20050-00

一般に、バイラルメディアっては、エンゲージ(いいねの数とか)がとれてなんぼであって、エンゲージメントがとれなければ、その記事はメディアにとっては「ゴミ」。

「いいね」とか「シェア」されるエンゲージがとれる記事ってのは、すなわちお金になるということでもある。

1万とか10万の「イイネ」や「シェア」は必ずしも価値があり、耳を傾けるべき情報とは限らない。多数決は万能ではなく、数字のマジックを盲信すると、道を誤ることと似ている。

でも、悲しくもぼくらは資本主義社会で生きているわけで、お金を儲けなければならない。というわけで、エンゲージを盲信しちゃだめだけど無視もできない。エンゲージを意識した記事は、メディアで書いた方が、生活のためにはいいだろうとは思う。だからこそ、このブログは、エンゲージを気にしないで書こう。

木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク