トラブル続きのWordPress!手動バックアップを学び習慣づけて仲良くなる!

シェアする

20022-00-1

先日、WordPressを最新のバージョン4.3にアップデートしたところ、当ブログが壊れてしまいました。とほほ。

たまたま、偶然に「バックアップ」として使えるデータが、パソコンのなかにあったので、復旧することができました。とはいえ、以前と同じ状態にするには、かなりのストレスがかかります。

これからは、もっと意識的に習慣づけなくてはならないと反省し、意識的なバックアップを少々調べてみました。

スポンサーリンク

バックアップ用のプラグインを使ってはいるけれど…

バックアップ用のプラグインとして、WP-DBManagerやBackWPupといった有名なツールがあります。しかし、意識的にバックアップを行わずプラグインまかせですと、いざトラブルが起きたとき、適切な対応ができないかもしれません。どのような仕組みでバックアップが取られているのか理解できないからです。実際の私がそうでした。

どこをどのようにバックアップをとれば良いのでしょう?

WordPressのバックアップには、ポイントが二つあります。

  1. サイトのバックアップ
  2. MySQLというデータベースのバックアップ

サイトのバックアップ

サイトのバックアップは、FTPソフトを使って、「WordPress本体」「テーマ」「プラグイン」「アップロードした画像」などのファイルやフォルダをパソコンにダウンロードします。

万全を期するなら、サイトを「まるごとバックアップ」することでしょう。 20022-02ウェブソクさんの記事「不具合解消!WordPress簡単再インストール!」を参考の上、不具合時の再インストールを想定して「wp-content」「wp-config」をバックアップする方針を立てました。

【移動するファイル】
wp-config.php
.htaccess
/wp-content/blogs.dir/(フォルダ内全て)
/wp-content/themes/(自分の使っていたテーマ)
/wp-content/plugins/(自分の使っていたプラグイン)

出典: 不具合解消!WordPress簡単再インストール! -ウェブソク

データベースのバックアップ

「記事のバックアップ」のための、データベースのバックアップの方法については、ネット上にたくさん見つけることができました。しかしながら、解説を読んでいると、専門用語が並び、泣きたい気分になってきます。

WordPressは、データベースに「mysql」を採用しています。なので、バックアップ対象は「MySQL」のデータになります。まず、バックアップするのに必要なツール「phpMyAdmin」を用意してください

出典:wordpress(ワードプレス)のバックアップ方法(データベース:mysqlとファイル一式)と、おすすめプラグイン2選

「mysql」「MySQL」「phpMyAdmin」……。なんですかそれ〜???日々、さくっとバックアップはとれないものなのでしょうか??

すると、NaifixのElloraさんが提案する、とってもカンタンで感動的な記事を見つけました。

WordPressではデータベースというものを使っており、記事はすべてそこに格納されています。これはFTPソフトでダウンロードすることができません。本来はデータベースを操作するのですが、ちょっと知識がいるので今回はパス。その代わり、WordPress付属の機能を使ってダウンロードします。

出典:WordPress初心者でも簡単にできるバックアップ方法

それは、ツールから記事の情報を「エクスポート」する方法です。これって、すごくシンプルだし、分かりやすい!どうして、主流の方法になっていないのだろう?
Elloraさんの提案にしたがって、管理画面の左メニューに「ツール」があるので、そこから「エクスポート」を選択しました。
20022-03
次に「すべてのコンテンツ」を選択し、「エクスポートファイルをダウンロード」を押します。

20022-04

あとは、パソコンのなかで管理します。

20022-06

Elloraさんは、以下をメモすることも推奨しています。

データを無事にバックアップできたところで、基本設定項目も忘れずにメモしておきましょう。「一般設定」で設定したタイトルなどは覚えていると思いますが、「投稿設定」にある「更新情報サービス(ping)」一覧などは覚えきれませんよね。このような設定項目を、テキストエディタなどにコピペしておきます。

出典:WordPress初心者でも簡単にできるバックアップ方法

絶対忘れてはならないのが、パーマリンク設定。

出典:WordPress初心者でも簡単にできるバックアップ方法

カンタンなデータベースのバックアップ方法を提案するばかりではなく、まさに行き届いた配慮、さすがだと思いました。これに加えて、私はカスタマイズしたスタイルシートなどもコピペすることにしました。

毎日バックアップとろうっと。

というわけで、とりあえず、管理画面の左メニューに「ツール」から「エクスポート」する方法で、記事データはバックアップすることにしました。時間も1分以内でカンタンに終わりました。ストレスなく、この方法でしばらく手動でバックアップを取ってゆきたいと思います。

個人的な経験を思い返すと、WordPressが不調のときは、wp-contentを再アップロードしたりして復旧はすれど、記事がなくなってデータベースのバックアップから復元するような事態はまだありません。記事が消えるアクシデントは、よっぽどの重大な事態。絶対に遭遇したくないです!

WordPress仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)
中島 真洋
技術評論社
売り上げランキング: 21,303
木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク