新宿でおとなの憩い、真夏の昼間にビール一杯と蕎麦を楽しむ

シェアする

今日は新宿で所用があり、蕎麦とビールを食した。東京は、いつ熱中症になってもおかしくないくらいの猛暑でした。ついついビールを求めて、蕎麦屋に。

そこは、大人の憩いを楽しめる、世間の喧噪から逃れることもできる素晴らしいアジール(避難場所)でした。

20007_00

主役はビールで、おつまみが蕎麦といったところでしょうか。

20007_01

お酌をされるわけでもなく、男一人蕎麦を食するのが良いのです。世間の喧噪と猛暑から蕎麦屋に避難しているところ。蕎麦+天ぷらそばで510円でした。iPhoneの電子書籍から小説などをつまみに読んだりした。

スポンサーリンク

杉浦日向子でおとなの憩い

そうそう、蕎麦好きだった作家の杉浦日向子は、かつてこんなことをエッセイで書いていた。

最近、ほっと安らいだのは、いつ、どこですか。会社と家庭以外で、自分の時間を実感したのは、いつ、どこでですか。頑張らない、背伸びをしない。等身大の自分に還れたのは、いつ、どこでですか。そんな居場所を、日常のなかに持っていますか。

出典: もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店 (新潮文庫)

さしずめ、今日の私は510円の居場所を見いだしたのかもしれませんね。

たまにといわず、ちょいちょい憩いましょう。ぼちぼち、うまくサボりながらやりましょう。だって、私たちは、もう十分におとななのですから。

出典: もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店 (新潮文庫)

あなたのおソバでトムヤンクン

私は蕎麦好きだが、必ずしも、すべての人々がそうとは限らない。夏も短いが、人生も短い。しかも、猛暑。なにも蕎麦屋だけが、アジールとも限るまい。おのおのの、避難場所を見つけ出せれば良いわけです。ともにサボる人を連れ出すには、トムヤンクンだって良いでしょう。素敵な夏を過ごしましょうね。

お江戸でござる (新潮文庫)
新潮社
売り上げランキング: 82,071
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク