小学校の真下にはマグマだまりがあると思っていた

シェアする

IMG_5526

撮影 /筆者:iPhone6 Plus

選挙の投票をするために、近所の中学校へ行った。花壇の脇を歩いていると、ある記憶がよみがえってきた。

話は、小学生だった頃にさかのぼる。ある晴れた日、教師が小さな生徒たちを校庭に連れ出した。そして、教師は私たちへこのように宣言したのだった。

「これから火山に行きますよ!」

教師の恐ろしい宣言に、私は心からビックリした。ドロドロの溶岩が、学校にあるというのだ。こうして校庭の片隅にたどり着くと、教師が私に見せたものは、花が植えられた小さな花壇だった。そこに燃えさかる溶岩はなかったが、小さな花がたくさん咲いていた。私はこのとき、「火山」と「花壇」が違いを知った。

小学校の地下には猛々しく燃えさかるマグマだまりがないことを知り、少しがっかりした。同時に、私がいるこの場所が噴火で飛び散らないことにも、ホッとしたのだった。

マグマ大使 (手塚治虫文庫全集)
手塚 治虫 講談社 (2011-08-12) 売り上げランキング: 558,957
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク