ちっぽけな星に住むちっぽけな宇宙人

シェアする

15020123-36

トップのイラスト/筆者
スポンサーリンク

ちっぽけな星に住むちっぽけな宇宙人

ちっぽけな宇宙人の引越

ちっぽけな宇宙人がいました。ちっぽけな宇宙人は、昔、とっても住み心地が悪い星に住んでいました。引越をしなくちゃいけないな……と考えていたときです。ちっぽけな宇宙人は、住み心地が良さそうな星を見つけました。見つけた星の市役所に引越の相談をしてみると、大歓迎をされました。彼は彼の大切な奥さんとも相談し、星の引越を決心したのです。

ちっぽけな宇宙人が見つけたガイドの仕事

ガイドの仕事

新しい星に移り住んでみると、もちろん百点満点とはいえませんが、満足できる生活がまっていました。ちっぽけな宇宙人は、この星でガイドの仕事を見つけました。道に迷っている星の住民を、目的地まで導く仕事です。ハードな仕事ですが、誇りをもてる専門職でした。お給料も、上がりました。ちっぽけな宇宙人は、「まあまあだな」と思って、この引越に満足しました。

道案内の仕事が終わると、ちっぽけな宇宙人は、彼の大切な奥さんと一緒に晩ご飯を食べて、大切な一日を終えるのでした。

新しい星が“ちっぽけだ”と思った理由

ちっぽけな宇宙人は、このように思っていました。

「なんてちっぽけな星なんでしょう!ちっぽけな自分が、歓迎までされて、楽しく生きられるのだから、ここはちっぽけな星に違いない。ひどい星に今も住む昔の友だちだって歓迎されるだろう。みんな、喜んで移り住んでくれるだろうさ。友だちがたくさん住んでくれたら、心強いし、楽しくなるだろうな」

ちっぽけな宇宙

ちっぽけな宇宙人が書いた招待状

ちっぽけなこの宇宙人は、住み心地の悪い星に今も住む昔の友だちに、手紙を書きました。

手紙を書く

新しい星の生活の素晴らしさを書きつづりました。友だちが、ちっぽけな宇宙人が住む星を気に入ってくれたなら、ガイドの仕事を紹介しようと思っていました。

友だちはやって来なかった

だれもやってきませんでした。もちろん、幾人かの友だちは、この星を訪れようとしたのです。しかし、宇宙船の操作がうまくできなかったり、時間を間違えたり、星の市役所の審査が通らなかったり……。

拒否

さまざまな理由があって、星に引越することができませんでした。

一人の友だちがやってきた

それからしばらく時間が経ってから、一人の友人が、この星に着陸しました。

Gauguin

ちっぽけな宇宙人は、ひとりぼっちだと思っていたので、友だちの訪れを、とても喜びました。

VanGogh_1887_Selbstbildnis

星の市役所も友だちを歓迎しました。この星の素晴らしい場所へ道案内もしました。星の地理の勉強も一緒にしました。ちっぽけな宇宙人は、この友だちが星を気に入って、長く住んでくれるといいなと願いました。

そして、帰っていった

ところが、無事に着地できた友だちは、ある日、さよならも言わずに、姿を消してしまいました。

Gauguin去る

ちっぽけな宇宙人は気がつかなかったのですが、友だちにとってこの星は、とても居心地が悪かったようなのです。ある日泣きながら、星を出ていったという噂を聞きました。理由は分からずじまいでした。

UFO

ちっぽけな宇宙人が考えたこと

ちっぽけな星に住むちっぽけな宇宙人は、引越できなかった友だちを、大変に申し訳なく思いました。

「ここは、住みやすく、誇りをもって働く仕事だって用意されているのに。なぜぼくの友だちは、ここに住むことも、着陸すらもできないのだろう?」

半年の間、考えあぐねた結果、以下のような結論に至りました。

自分にとって素晴らしいと思うこと、住み心地が悪いと思うことが逆のことだってあるだろう。ちっぽけな自分が素晴らしいと思うこと、カンタンだと思うことでも、必ずしも他人がそう思うとは限らない。ちっぽけな自分が感じたことなどアテにはならないのかも。

道案内

ちっぽけな星に住むちっぽけな宇宙人が立てた極めて個人的な目標

ここは、宇宙のなかでひっそり隠された星。ここに住む孤独な宇宙人は、友だちを招待することに興味がなくしてしまいました。この星で出会い、新しい友だちを作ろうと思い始めました。自分のために働いて、自分のためだけに生きようとも思いました。

そして、ちっぽけな宇宙人は、家族と自分ために新しい小さな目標をたてました。

家族旅行

ガイドの仕事でお金をためて、家族旅行

ちっぽけな星に住むちっぽけな宇宙人は、一日の仕事を終えると、奥さんとご飯を食べて、大切な一日を終えます。ご飯を食べるときには、二人の長い人生計画だったり、数週間後の旅の計画などを話しあうのでした。

ちっぽけな宇宙人のなかに、ワクワクする新しい気持ちが芽生えてきました。困っている人に感謝される星の道案内の仕事は、とても誇りが持てるなとも思いました。

マンボウ最後の家族旅行
北 杜夫
実業之日本社
売り上げランキング: 491,634
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク