カーブのたびに悲鳴をあげるドライバーをなだめる助手席のナビゲーター

141109

スポンサーリンク

大瀧詠一1969年のドラッグレース

去年の歳末、大滝詠一さんが亡くなった。思い返すように、アルバムを聞き返している。

2013年12月30日17時30分頃[9]、東京都西多摩郡瑞穂町の自宅で家族と夕食後のデザートに林檎を食べている時に倒れ、救急搬送された。警視庁福生警察署などによると、家族は「林檎を食べていてのどに詰まらせた」と説明していたという。

引用 /Wikipedia:大滝詠一

ほとんどの名曲は、たいていは80年代に作曲されている。アルバム「EACH TIME」はとりわけ素晴らしく、どの曲も古さを感じさせない。なかでも「1969年のドラッグレース」は大好きな曲の一つ。ギターのサウンドも「日本のエレキギター」のようなオーバードライブなのに、ありふれた歌謡曲風にならず、フィル・スペクターのような濃厚なサウンドが印象的。松本隆作詞によって描かれた無茶なレースは、まるで人生そのもののよう。

地図の通りに、生きたくなかった
なるべく人のいない道を探した
カーブのたびに助手席の君は
悲鳴をあげていたけど

引用 /歌詞タイム:1969年のドラッグレース

実際のところカーブのたびに悲鳴をあげているのは、実はドライバーで、それをなだめるのが助手席の君なんて人生もあるかもね。なるべく人のない道を探すのは重要なことだと思う。そこで、われわれはニッチを見つけるだろう。

木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク