「やることリスト」アプリの買い換え リマンダー、Todo Cloud、OmniFocusへ

シェアする

14103110-50

スポンサーリンク

Todo Cloudに大きな不満はないけれど……

普段使いはiPhoneとMac。しかし、仕事でAndroidスマホやWindowsのPCを使わなくてはならないこともあります。「Todo Cloud -やることリストと共有」は、そのような状況でもきちんと機能してくれた「やることリスト」アプリでした。月200円のCloudサービスもあって、OSの違いを気にしないでも連携することができます。ただ、唯一不満があるとすれば、iPhoneの標準アプリの「リマインダー」や「カレンダー」などと連携できない点でした。なるべくならば、iPhoneやMacに標準で備わっている資産を活用したい。そこで私は、最高峰のGTDツールと呼ばれるOmniFocus導入を検討したはじめたのでした。

そもそもGTDとは……

Wikipedia先生によれば、「基本はなすべき仕事のリストを何かに記録しておくことで、頭の中からなすべき仕事のことを追い出すこと」と要約しています。具体的なイメージは、以下の通り。

GTDは次の5つのステップで構成され、これを1週間など一区切りごとに繰り返す。

  • 収集:頭の中にある「やらなければならないこと」「気になっていること(問題)」を紙などに書き出す。作業中のメモ書きなども参照して、問題点を出していく。
  • 処理:書き出した内容を、手順に添って、分類しリスト化する。
  • 整理:リストを自身がスケジュール管理に使っているツール(PDAやシステム手帳など)に入れ込む。
  • 見直し:自分の状況や状態でそれらが可能かどうか見直し、検討する。
  • 実行:リストアップした「出来ること」を順次片付ける。
引用/Wikipedia :Getting Things Done

MacやiPhoneのリマンダー

Reminder

iPhoneを使ったことがあるなら、見覚えがあるはず標準アプリ。

良い点

シンプル
MacとiPhone、iPadの標準アプリなので無料で使える。

不満点

inboxに相当するものがない

思いついたアイデアをinboxに放りこみ、それから整理して…のような流れを生みづらい。

Todo Cloud

Todo Cloud -やることリストと共有

Todo Cloud -やることリストと共有」は、ここ数年愛用しているGTDツールです。MacとiPhone、そしてLG社のOptimusGと連携して使っていました。アプリの連携ができない以外は、特に不満もなく、不便も感じていません。

良い点

基本的なGTDツールとしての期待に応える
Android版のアプリの提供がある
GTDツールのアプリとしては、値段は安め

不満な点

MacやiPhoneのリマンダーとの連携がない。

最高峰ツールOmniFocus

OmniFocus 2

OmniFocus 2」の導入をためらっていたのかと言えば、単純に値段が高いからです。今日の時点で、Mac版が4000円、iPhone版のOmniFocus 2 for iPhoneは2000円、iPad版のOmniFocus 2 for iPadが3000円……。

良い点

基本的なGTDツールとしての期待に応える
MacやiPhoneのリマンダーやカレンダーとの連携が可能

不満な点

GTDツールのアプリとしては、値段は高め。

OmniFocusを試用してみた

ベンダーであるOmni Groupのサイトから14日間無料のトライアル版がダウンロードできます。試してみた印象はなかなか良さげ。道具は、組み合わせて、より能力を引き出してゆくものだと思います。OmniFocusの連携や拡張性の良さは、Todo Cloudにはないものかもしれません。もう少し使ってみようと思います。

木村邦彦
某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク