無農薬・有機栽培 フェアビーンズコーヒーをはじめて淹れるレビュー

シェアする

Fair Beans coffe

撮影 /筆者:iPhone5

化学肥料をなるべく使わず、産地の自然環境や人々の暮らしに配慮して作られた良質のコーヒー豆の「フェアビーンズコーヒー」。ナチュラル栽培の豆で淹れてみた。

スポンサーリンク

オーガニックショップギールズで買う有機コーヒー

妻がお気に入りの自然食品店「オーガニックショップギールズ」で、フェアビーンズコーヒーを購入してきた。シンプルで素敵なパッケージ。さて、フェアトレードとは何なのだろう……?Wikipedia先生は、以下のような説明をしてくれた。

発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動である。

引用/Wikipedia:校正取引

不当に安い価格で買い叩かれているコーヒー農園の生産者や労働者。彼彼女らの生活の向上と経済的自立を促すフェアートレード。その姿は、格差社会があたり前になった世知が無い日本社会に住む私たち自身の姿とも重なるものがあります。食の安全を買うためにも、然るべき報酬は支払うべきかもしれせん。

フェアビーンズコーヒーを淹れる

フェアビーンズコーヒー すでに豆は挽かれています。粗めの中挽き。誰が淹れても失敗することは少ない。美味しく淹れることができるでしょう。

フェアビーンズコーヒー ポタポタとお湯を落として、蒸らしているところ。フワッと膨らみます。膨らみと泡は新鮮な証。最近、愛用しているKalita かんたんドリップを使いました。とても便利!手放せません。

素朴な疑問産地はどこ?

とてもスッキリとした、クセのない甘みのある美味しいコーヒーでした。ところで、産地どこなのだろう。サイトを拝見すると、コスタリカとニカラグアらしい。この豆は、ストレートなのだろうか、ブレンドなのだろうか?ぱっと見、すぐには分かりませんでした。今後も、チャンスがあれば調べてみたいです。

フェアトレードの時代
フェアトレードの時代

posted with amazlet at 14.07.27
長尾 弥生
コープ出版
売り上げランキング: 113,516
木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。日経テストの受験勉強も楽しい。AdobeとApple製品が大好きで、Photoshopは得意。AfterEffectの勉強中。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク