コーヒーポットはジョウロを兼ねる【クワズイモ日記】

シェアする

クワズイモ

イラスト /筆者

動物のように、めまぐるしく成長するクワズイモ。クワズイモの水やりは、週に一度。愛用のコーヒーポットは、簡易的なジョウロとしても結構便利でした。

スポンサーリンク

成長が早い縁起物のクワズイモ

出世芋

クワズイモの成長はとても早い。早朝、大きな「赤ちゃん」葉っぱが芽吹くこともある。クワズイモを「出世芋」と愛でるのは、人の成長に重ねた喩えなのかもしれない。

水やりは週に一度

動物を飼っていると、旅行に行くのも大変。ペット用のホテルや、友だちに預けなくてはなりません。でも、植物なら何とかなりそう。動物ではなく、植物を愛でるようになって、気持ちで軽くなりました。

サラダの生野菜などは、私たちに食べられる直前まで、生きているように思います。ニンジンでもジャガイモでも。たぶん、「枯れる」と「死ぬ」とは意味が違うのだと思う。 私は、まるで自分の子どもを育てるように、クワズイモを育てている。お互いに見守り合い、支えあっている。

コーヒーポット

水耕栽培 苗 クワズイモ(ロング)
サンクライム
売り上げランキング: 187,697
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク