レビュー「Day Drip Coffeeオリジナルブレンド」でレギュラーコーヒーを丁寧に淹れる

シェアする

珈琲、淹れたよ

イラスト/筆者

先日購入した「Day Drip Coffeeオリジナルブレンド」のレビューです。ドリッパー黒田悟志氏による良い豆を使い、お湯の温度も測りつつ、丁寧にコーヒーを淹れてみました。結果は大成功です!ぜひ参考にしてみてね。

スポンサーリンク

「Day Drip Coffeeオリジナルブレンド」

Day Drip Coffee

コーヒーへの情熱を注ぐドリッパー黒田悟志氏が代表を務める「Day Drip Coffee」。都内でのドリップセミナーや販売などを、精力的に活動されています。

「Day Drip Coffee」によるオリジナルブレンドをドリップしてみました。はじめに結果を報告しますと、これは「喫茶店のコーヒーの味だ!」と感動の味わいの出来でした。

コーヒーを淹れる下準備

まず封を開ける

Day Drip coffee 開封

チョキチョキです。

ガラス瓶

愛用のガラス瓶に移し替えました。学生時代から20年近く使っているフランス製。なにげに高級品なのです!

お湯を沸かす

コーヒーポット

コーヒーポットの温度は、 私は90度以下が望ましいと考えています。デジタル温度計で観察。沸騰後に火を止めると、温度はすぐに下がっていきます。時間との闘いです。黒田さんのお話によれば、以前に世間で基準とされたお湯の温度は、86度程度だったそうです。しかし、現在では92~93度が基準になっているとのこと。時代によって、温度の基準が変わるのは面白いですね。一般的に、温度は高めほど苦め、低いとまろやかな味わいに仕上がります。

お湯の温度をめぐっては、淹れる人のこだわりどころですね。

ナイスカットミル

「Day Drip Coffee」のこだわりの豆「オリジナルブレンド」を、Kalita ナイスカットミルを使い、「細かめの中挽き」にしてみました。ドリッパーはハリオ VD-01Tです。

コーヒーカップ

コーヒーカップは、ダイソーで買ったシンプルなデザイン。実用的で気に入っております。

ドリップ

コーヒーの粉の中心部めがけて、お湯を落としてゆきます。まずは30秒の蒸らし。

ドリップ

カリフラワーのように膨らみはじめました!

ドリップ

蒸らしが終わったら、このカリフラワーのような部分めがけ、小さな渦を描きながら、お湯を注ぎます。時間は、3分以内

コーヒー

良い豆を、時間や温度を守れば、素晴らしいコーヒーを日々味わえることを、「Day Drip Coffeeオリジナルブレンド」を通して学びました。素晴らしい味わいです。先に書きましたとおり、喫茶店のコーヒーと同じ味わいでした。スッキリとして雑味なく、甘みがあるビターな味わい。まさに大人の味!

木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク