Hammock(ハンモック) 禅的音楽のギターアンビエント

シェアする

07-0923-14-10%-07-0923-14-13

画像引用/youtube:Hammock – Tape Recorderより

アメリカのポストロックのアーティスト・Hammock(ハンモック)。彼らのサウンドには、心を整え平常にするような美しさを感じる。だから、仕事をしながら聴くような場合には相応しいかもしれない。無闇に気持ちを揺さぶらず、禅的で静かな魅力がある。

スポンサーリンク

Hammock(ハンモック)のアンビエントは禅的境地

メンバーと概要

Hammockはシューゲイザー、ポストロック、アンビエントのジャンルにまたがるアメリカのバンドだ。メンバーは、マーク・バード(G)とアンドリュー・トンプソン(G)の二人。音楽性は2005年の活動開始時より一貫している。 アンビエントドローンや音響系と単純にくくることはできない。作品によってはエイトビートだったり、リズムもあり、メロディもある。黙々と淡々とギターを弾いている曲もあれば、ボーカル入りもある。引き出しは多様だが、サウンドには一貫したものがある。一言で言えば「落ち着き」だと思う。

音楽性

気持ちを無闇に明るくさせるわけでもない。ギターサウンドは得てしてクリーンなトーンで、音数も控え目だ。ポストロックのサウンドに共通するように、ハンモックもまた、空間系のエフェクト処理を好む。さまざまな音の木霊を生みだしている。安定した温かい世界をもイメージだ。

他ポストロックバンドとの比較

私たちは、空や海を見たり、気持ちが良い風を感じて、美しいからといってむやみに泣き崩れたりはしない。ああ、綺麗だなと思い、晴れやかな気持ちになるものだろう。

同じポストロックの括りのなかでも、この点は、先日紹介したMONOの世界との大きな違いだと思う。MONOは、古傷の場所を気づかせ、感情的にさせる。「われ泣きぬれて蟹とたはむる」ような、心の脆い部分を刺激する。だから、毎日聴いていると疲れてくる、これに対して、Hammockのサウンドは静的で、禅的だと思う。飽くまで平常心でいられる。仕事をしながら聴くような場合には、Hammockのサウンドは相性が良い。

Stars In The Rearview Mirror

アルバム「Kenotic」(2005)より

オートワウをかけたギターサウンドが印象的。エレクトリックギターとチェロとの相性も良い。飽くまで淡々と弾く。変わらぬ日々を、黙々と仕事をこなすあなたの世界が映し出されているかも。

Take A Drink From My Hands

アルバム「Raising Your Voice…Trying To Stop An Echo」(2006)より

音数少ない鍵盤楽器のイントロが美しい。徐々に盛り上がる楽曲なら「Take A Drink From My Hands」の出だしに、学ぶべきものがある。MONOのように長々としたフェードインから始まる楽曲だと、たいていはイライラするものだから。

How Can I Make You Remember Me

アルバム「Chasing After Shadows…Living With The Ghosts」(2010)より

「Chasing After Shadows…Living With The Ghosts」のアルバムジャケットをはじめて見たとき、ビル・エバンスとジム・ホールのUndercurrentに通じるアイデアだと思った。「Chasing After Shadows…Living With The Ghosts」は、天上にすくい上げられていくような、神聖さがあると思う。

Tape Recorder

アルバム「Departure Songs」(2012)より

Tape Recorderは、Hammockの楽曲のなかで一、二を争う美しさだと思う。パーカッションを排しての、ストリングスとギターサウンドである。基本は同じフレーズの繰り返しだ。繰り返しのアート、ミニマリズムには魂を鎮める秘密があるのかもしれない。

依存せず、音楽で律した生活

波乱な人生、動きの激しい仕事。大人たちは激動の時代で、常に最先端を生きている。どんな誘惑にも屈せず、定めた目標に向かって突っ走ってゆく。ときには軌道修正も必要だろう。めまぐるしく変わる環境のなかで、クールな判断が求められるものだ。そんなとき、自らの気持ちを整える方法をもっていたいものだ。それは癒やしなのかもしれない。だから音楽であったり、家族であったり、禅であったり、ヨガであったり、深い睡眠だったり、適切な食事であったり、怒りを排した生活であったり……。愛にみちたものを見つけ出し、大切にしようではないか。それは、貴方が良い仕事を達成するために、必要なものだろう。

PR
ex-music〈L〉ポスト・ロックの系譜
佐々木敦
アルテスパブリッシング
売り上げランキング: 234,013
木村邦彦
某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク