Kalita ナイスカットミル で失敗しない挽き加減を見つける

シェアする

ナイスカットミルカリタ

撮影 /筆者:iPhone5

Kalita ナイスカットミル (シルバー)を購入して、数ヶ月。素敵なコーヒー生活を楽しむなら、ミル選びがとっても重要だと痛感しています。「細びき」「中びき」「粗びき」の選択は、時にはコーヒー豆の種類よりも大事かも。このことを、経験的に学びました。

スポンサーリンク

実際に使用するなかで最適の挽き加減を見つける

家庭でできる「細びき」「中びき」「粗びき」

コーヒーの味わいを決める3つのポイントは、焙煎、ブレンド、グランドだと言われる。適したブレンドの豆を「挽きたて(焙煎してすぐ)、挽きたて(直前に挽いて)」でいれるのが鉄則だといわれる。このうち、家庭でコーヒーをいれるときに関与しやすいのは、豆を挽くことである。

引用/『珈琲事典―この1冊ですべてがわかる 』, 新星出版社, P46

コーヒー関係の書籍を読むと、「細びき」「中びき」「粗びき」の選択は、さまざまな意見があるようです。たとえば、ペーパーを使うドリップでいれるコーヒーでも、質の良い豆なら「細びき」寄りの方がよいとか。とはいえ、日々の生活のなかでは、必ずしも質が良い豆ばかり手に入るとは限らないものです。日本は、増税ばかりで世知が無い世の中……。コーヒー豆屋へ買い物に行くと、一番安くてお買い得なブレンドコーヒーの豆を買ってしまうことも。はたして、「良質」と言えるのか謎の豆を「中びき」よりも「細びき」寄りでいれてしまうと、なんとも表現しがたい雑味がすることもあります。飲めないほど不味いをわけではありませんが、豆に適した挽き方で美味しく飲みたいものですよね。

挽き加減は8段階で調整可能

Kalita ナイスカットミル (シルバー)は、8段階で、挽き加減を調整できます。私がここ最近、発見したドリップで失敗しない段階は、5.5でした。大抵の豆は、これで美味しく飲めました。この5.5が「正解」と言いたい訳ではなく、豆を購入するお店や種類によって、おのおのが最適の挽き加減を見つける必要がありましょう。そこには楽しさも見つけることができるかもしれません。

清浄なる朝をコーヒーで楽しむ

私は毎日まいにち、Kalita ナイスカットミルで朝は30グラムの豆を挽きます。仕事前にコーヒーを妻と飲むことは、我が家での清浄なる朝の儀式です。

Kalita ナイスカットミル (シルバー)
Kalita (カリタ)
売り上げランキング: 1,560
珈琲事典―この1冊ですべてがわかる
新星出版社
売り上げランキング: 36,210
木村邦彦
某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク