【キングクリムゾンの「Red」】 暗黒世界の癒やし

シェアする

Red (2cd)

スポンサーリンク

鼻歌なら暗黒世界のメロディーも許される

機嫌が良い日は、鼻歌を歌います。私はとてもオンチなので、周囲は曲名が分からない。キングクリムゾンだったり、Toolなどの曲を好む。ニルヴァーナのカート・コベインも影響を受けたと言われるキングクリムゾンの名曲「レッド」。不吉な旋律は、世界の終わりを暗示する。

歴史に残るバンドには、必ず名ドラマーがいる

キングクリムゾンの「レッド」は、ロック史上に残る名曲です。が、ややハードルが高い。当時、男っぷりの良い美声のジョン・ウェットンが在籍していましたにもかかわらず、ボーカルのパートがない。

高めのチューニングで、変拍子をものともしないビル・ブラッフォードの知的なドラミングが最高です。

崩れゆく不吉なドラマには、現実世界の崩壊を重ねる楽しみ方がある

エドガー・アラン・ポーの「アッシャー家の崩壊」のように、不穏な終末を予感する。メーターが望まずして到達したレッドゾーン、やむを得ず赤信号を突っ走るような危機感が心地よい。

下の動画は、ボーカルにエイドリアン・ブリュー、ベースにトニー・レヴィンを迎えて活動した第4期キングクリムゾンによる演奏です

A Tribute to King Crimson
Various Artists
価格: 1,500円 iTunesで見る
posted with sticky on 2014.7.2

雨の日も晴れた日も、キングクリムゾンの「レッド」で、機嫌良く過ごしたい。

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク