根津メトロ文庫は根津の小さな図書館 谷根千をiPhoneと一緒に散歩

谷根千をiPhoneと一緒に散歩

撮影 /筆者:iPhone5

谷中・根津・千駄木周辺地区を「谷根千」と呼びます。戦災を免れた、どこかしら古めいた、落ち着きがある街。東京メトロ千代田線の根津駅構内に、小さな図書館を見つけました。

スポンサーリンク

根津メトロ文庫で電車の読書

入り口

改札を入ってすぐにある「根津メトロ文庫」。中は薄暗い。蔵というか、茶室というか、まさに書斎。

根津メトロ文庫

広さは、一畳ぐらい。地下鉄の運転席を模していることに気づいた。この雰囲気、すごく落ち着く!

根津メトロ文庫

室内には、灯りはありません。薄暗い。中島らもさんの著作も。

根津メトロ文庫 SFから歴史小説まで、いろいろ。 根津メトロ文庫

移動の始まりに借りて、駅に戻ってきたら棚に返すルールです。

お部屋の外にも棚

文庫本が多いようです。さまざなジャンルがランダムに並んでいました。予期せぬ出会いがありそうですね。

寄贈は歓迎、喜ばれる本を

駅員さんのお話によれば、利用者の寄贈で成り立っているとのこと。谷根千の町並みのように、造りに年期を感じます。寄贈は歓迎だそうです。多くの人が親しめるジャンルが、喜ばれそうです。このような小さな図書館が、いろいろな駅にもっとあればいいのにな!

木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク