<苦>の免疫は鈍感力

シェアする

忘れっぽさと、忘却力でパワーアップ! 無数の困難やくだらなさを通り過ぎ、ときには黙殺し、人生を重ねる。たぶん、ちょぴっとずつ、人は強くなれるだろう。

Welcome to the Atomic Ladyland

スポンサーリンク

世界は素晴らしいコトと下らないコトが、まんべんなく存在している

正しい人にも正しくない人にも

ジーザス・クライストは、こんなことを言ったらしい。

「それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。」(45節)

「正しい人」にも「正しくない人」にも雨を降らせる世界。私たちが「正しい」と思っていることをしようが、「悪い」ことをしようが、そんなことは無関係に動いてゆく。どのように振る舞おうと、あらかじめ世界には“素晴らしいコトと下らないコトが、まんべんなく存在している”。

素晴らしい思い出

振り返れば、多くの素晴らしい人格者や、そうでもない人と出会ってきた。人から恩を受けたり、ピンチから救ってもらったり……。同じく、素晴らしくない人からの出会いからも、なにかしらは得たと思う。精神的に肉体的に殺されかけたりとか……であっても。出会いも、まんべんない。

ぜんぜんへっちゃら

残酷だったり、非道だったり、冷酷だったり……。程度がひどいほど、後の困難なんて、へっちゃらに思えてくるものかもしれない。

海千山千へのレッスン

若いうちにはお金を払ってでも苦労をしろというけれど、たぶんそれは本当のことだと思う。あまりにもみじめだったり、悲しかったり、悲劇的すぎても。インフルエンザの予防接種みたいに、苦への免疫も作られてゆくんじゃないだろうか。

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。日経テストの受験勉強も楽しい。AdobeとApple製品が大好きで、Photoshopは得意。AfterEffectの勉強中。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク