南部鉄瓶でグアテマラ・コーヒーを挽いて淹れてみた Armstrong’s Moonの素晴らしい豆

シェアする

先日Armstrong’s Moonから届いたコーヒーを飲んでみた。我が家でのコーヒーの淹れ方を書いてみたので、参考にしてね!コーヒー豆をミルで挽いた直後は、メチャ旨い。自家焙煎のグアテマラの豆は、良い香りがしたよ。

スポンサーリンク

コーヒーの香りと味わいをたしなむ大人の時間

見た目で楽しむ

グアテマラ

撮影・筆者/iPhone5

自家焙煎のコーヒーサロン・Armstrong’s Moon(韓国・大田広域市)から届いたグアテマラ。(パッケージのイラストは筆者)。
開封されたグアテマラの袋
袋をあけるやいなや、香しい香り。お部屋が、喫茶店のようです。「しっかりした味わいとフルーティで芳醇な香りが特徴」と言われています。

職人っぽく楽しむ

カリタの軽量スプーン
カリタの軽量スプーンで三杯、これが我が家では二人分くらい。

愛用のミル

ミルの中には三杯の豆
朝、コーヒーミルを回すのは、男である私の仕事。ミルは、珈琲サイフォン株式会社製です。

古いものを愛でる

南部鉄瓶
愛用のコーヒーポットは「南部鉄瓶」。美味しいお湯になり、鉄分の補給にもなります。ミルもそうですが、10年以上愛用している。

良いコーヒー豆は必ず膨らむものだ

蒸らしは大切

膨らむコーヒー豆
はじめの「蒸らし」は、味を左右する大切な作業です。我が家の目安は、45秒。ドリッパーは、三つ穴が開いているカリタ製。

二投入目
良い豆にお湯を垂らすと、必ず“ふわっと”膨らむ。

円を描くように注ぐ

円を描くように
円を描くように、回してお湯を注いでゆきます。二投目は、細いお湯の線で小さな円を描きながら。三投目以降は、やや大きな円で。

朝の清浄な時間を楽しむ

WEDGEWOODのカップでいただく
大事な時間を過ごすときは、頂き物の大切な珈琲カップを使います。朝の短い大切な時間。「いやー。豆でコーヒーの味って、ぜんぜん変わるね!フルーティで、美味しくて、びっくりだよね!!」などと会話をしたのでありました。Armstrong’s Moonのオーナー・さんの仕事は素晴らしい!!

Coffee Salon-Armstrong’s moon


韓国大田広域市

木村邦彦
某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク