Appleが提案するiPhoneの電池もち良くする7つの方法

シェアする

どこかしら、お米がなくなりかけた米びつのよう。いつのまにか充電の残量が少なくなったスマートフォンは、侘しいものです……。iPhoneの電池持ちを良くするための基本を、おさらいしてみましょう!


iPhone

スポンサーリンク

iPhoneの電池もち良くする7つの方法

Apple  バッテリー  iPhone 04 1016 10 13 04 1016 10 23

「筐体が熱い」とか「煙がでている」などの症状もなく、半日使って50%を切る程度なら、おそらく通常の動作内でしょう。

iPhoneのバッテリー駆動時間とバッテリー耐用年数を延ばすテクニックが、Appleのナレッジベースに書かれていました。

Apple提案の充電長持ちのコツ

充電池アイコン

  1. 最新ソフトウェアにアップデート

    原因がプログラムだったときは改善します
    (「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」)

  2. Wi-Fiをオンにする

    モバイルデーター通信は なるべく使わない
    (「設定」>「Wi-Fi」>「オン」)

  3. 明るさを調整する

    ディスプレーは「電球」のようです
    (「設定」>「壁紙/明るさ」>「明るさ」のスライドバーを「左」へ調節)

  4. 新しいデータの取得頻度を抑える

    アプリなどのアップデート・ダウンロードを勝手にさせない
    (「設定」>「iTunes&App Store」の「自動ダウンロード」を「オフ」)

  5. プッシュ通知をオフにする

    メールはまとめて手動受信しろ、ということ?
    (「設定」>「メール/連絡先/カレンダー>データー」>「データーの取得方法」を「プッシュ」から「フェッチ」へ)

  6. 位置情報サービスの使用を控える

    位置情報サービスはGPSのこと。点検漏れがちな設定です
    (「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」を「オフ」。または「オン」のまま、同じ画面にあるアプリの設定を個別に「オフ」)

  7. サービスエリア外では機内モードを使う

    「モバイルデーター通信」「Wi-Fi」「Bluetooth」などは、すべて一旦「オフ」になる
    (「設定」>「機内モード」>「オン」)

それでもだめなら充電池の寿命かも 充電回数に限りあり

AppleCareのイメージイラスト

上記のことは「もうやっているよ!」というのであれば、電池の寿命かも。「いつもと明かに違う!!」という時もあるでしょう。この体感は、充電池の寿命を示している可能性あり。Appleのナレッジベースでも、但し書きがあります。

バッテリーは充電回数に限りがあり、将来的にはApple正規サービスプロバイダによる交換が必要になる場合があります。

充電池の交換は、Apple正規サービスプロバイダが窓口になります。修理保障サービスのAppleCareに加入しているかどうか、もしくは買った時期などで、料金は変わってくるかもしれません。この点については、Appleテクニカルサポート(0120-27753-5)などで確認が必要でしょう。

バッテリーの性能が正式な製品仕様の50パーセント以下しか発揮できなくなった場合、無償の交換サービスを受けられることにはなっています。しかし、認定の道のりは、こちらのブログを読むかぎり、なかなか難しいようです。

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク