狭苦しい空間で作業効率を上げることはできない 不要なモノを整理 点検し 捨てる  ScanSnap iX500

シェアする

ScanSnap S510と比べるまでもなく、FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500の動きは猛烈に早かった。これから、蔵書をことごとく自炊するつもり。愛読書の辛酸なめ子著『自立日記』をPDFにした。iPad Airでところかまわず、おじさんは読書するつもりだ。

スポンサーリンク

ScanSnap iX500で辛酸なめ子『自立日記』を自炊

辛酸なめ子『自立日記』

今日、FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500の初期設定を終えた。記念すべき一冊目は、愛読書の辛酸なめ子著『自立日記』だった。

自立日記 (文春文庫PLUS)

女性は、美しく、おっかない……。知らない世界を覗いてみたい気持ちで紐解いてしまう。「実家暮らし、友達がいない、地域のオシャレ格差、老後の不安etc…」。そんな誰しもが抱く不安を、危険な文才で綴られている。妻のiPhoneにも送りつけてみよう。

大至急 部屋の荷物を減らす

部屋のなかの本

モノが多いということは、大切なモノへ到達する時間と距離を長くする。モノを捨てることは、大切なモノを見極めることでもある。何もないスペースは、無駄なのではなく、贅沢なのだ。作業効率を上げることもできる。あなたはそれを享受することができる。モノを整理し、点検し、捨てることができるならば。

モノを捨てよ、散歩に出よう
とり書房 (2014-01-10)
売り上げランキング: 942
木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。日経テストの受験勉強も楽しい。AdobeとApple製品が大好きで、Photoshopは得意。AfterEffectの勉強中。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク