【夢庵】800g海老天もりそば 完食の記録

シェアする

育ち盛りのおじさんたちは、空腹時についつい誤った注文をしてしまうことがある。大盛りがあれば大盛りを、特盛があれば特盛を頼んでしまう。空腹になると判断は誤りがちなので、要注意です♪ 私も反省することがありました。

夢庵にて、800gの「海老天もりそば」を完食した無茶な記録。

スポンサーリンク

空腹時の外食 大盛りの注文は危険

夢庵は、すかいらーくグループの気軽に楽しめる和食レストラン。私のお気に入りのファミレスです。リーズナブルなドリンクバーの隣には……。

夢庵

「海老天もりそば800g」が気になった。私はお腹がペコペコ。注文をとりにやってきた若いウェイトレスによれば、男性客でも三玉分(600g)ぐらいまで。四玉(800g)を頼む人は滅多にいないと教えてくれた。彼女の経験として「私は二玉しか食べられません」とも付け加えてくれた。親切なこれらの助言を、結局のところ私はぜんぜん聞いておらず「では、海老天もりそば800gでヨロシク〜」と言ってしまった。

蕎麦の冷たい山で遭難

運ばれてきた蕎麦に箸をつけて、私は後悔し始めた。見慣れた富士山も実際に登ってみて困難な山だと分かるように、食べはじめて困難さを実感したのです。

海老天もりそば800g

いくら食べても、蕎麦が減らない。シコシコとした麺は美味しかったけど、冷たい蕎麦は冬山のような厳しさも感じさせます。絶望感に打ちひしがれながら蕎麦の山と格闘していると、先ほどのウェイトレスさんがやってきた。「お客様、大丈夫ですか?」 心配そうに声をかけてくれた。病室を見回る白衣の天使のように見えた。

蕎麦を残してもお店に怒られるわけじゃないけれど、食べ物を残すことは私の良心が許さない。犯してしまった人生の過ちに(蕎麦の注文だけど)、私の心は追い詰められていた。

そんなとき、ふと、ひらめいた。
冷たい食べ物で胃が小さくなっているのかも。ならば、温かいお茶を飲めば良いのでは??

温かいお茶を飲んで、ひと休み。すると……。

大食いのコツは胃を冷やさないこと!!

あら、不思議。するすると、お蕎麦が食べられる。折り返し頃に、コツをつかめた。学習曲線のような、劇的な効率の変化!!

蕎麦の山を登頂した困難な経験から 何を学ぶべきか?

精神的な飢餓は、判断を誤らせる。まさに「貧すれば鈍する」。何事も、ゆとりを持つことは必要だ。今後も続く長い人生において、大食いコンテストへ出る必要に迫られたなら…。一杯のお茶が800gもりそば完食を助けた経験は、役立つかもしれない。

人生は長いようで、短い。食生活の時間は楽しくありたい。まずは前菜を頼み、小腹を満たしてから注文すれば良かったな。量もレギュラーサイズで頼み、足りなければ追加でオーダーする。これが、スマートな大人の態度だったと一人反省…。

この反省をもとに、次は妻と夢庵に行ってみよう!

木村邦彦
某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク