S&B エスビー赤缶 妻が作ったカレーは父が作った本格的じゃなかった「本格カレー」と同じ味だった……

シェアする

S&B エスビー赤缶
撮影・筆者

妻がS&Bの「赤缶カレー粉」にてカレーづくりに挑戦したが、はからずも「カレースープ」になってしまった。私は、すぐさまに「赤缶カレーミックス」を近所のスーパーで買い求め、いわゆる「カレー」に仕上げたのだった。私は妻が作った「カレースープ」を味見したとき、幼き日に父が作ってくれた本格的じゃなかった「本格カレー」のことも思い出していた。

スポンサーリンク

赤缶には二種類ある

赤缶は、カレーの基本調味料である。カレーのルーではないので、これだけでカレーを作ることはできない。赤缶には二種類ある。「赤缶カレー粉」「赤缶カレーミックス」だ。

赤缶カレーミックス は ベースとなる小麦粉が入っている

赤缶カレーミックス 200g (4個)

カレーとは、「汁気の多い炒め物」という意味だ。私たち日本人は、カレーを炒め物というよりは、シチューのようなものと考えるのではないだろうか。

本来は、タマネギなどの食材を時間をかけて炒めて、とろみとなるベースをつくる。小麦粉は代替である。小麦粉がベースとなっているカレーは、カレー風味のシチューなのかもしれない。

赤缶カレー粉 は 日本人が作った「ガラムマサラ」だと思う

赤缶カレー粉 - S&B 84g

私の父が作った本格的じゃなかった「本格カレー」は、赤缶カレー粉を使ったものだった。これは、小麦粉が入っていないので、カレーのルーで作ったような粘りけがない。スパイスが配合されているだけである。インドのミックスされた調味料のガラムマサラのようなものだ。丹念にタマネギを炒め、たとえばジャガイモを原形を留めないくらいに炒め、トマトなど水気が多い野菜を加えてゆき、少々の水を加えてとろみを出してゆく。このような「汁気の多い炒め物」としてのカレーを、私たち日本人は「インドカレー」と呼ぶことがある。ガラムマサラのような基本調味料として用いる場合には、とても優れているスパイスミックスだ。カレーのルーのような使い方をしてはいけない。

今日の夕飯は妻との共作のカレーになった

妻は、なるべく油を使わない料理を好む。「赤缶カレー粉」で味付けられたカレーの野菜スープに、私が「赤缶カレーミックス」を加え、チャツネ、トマトピューレ、バジルなどを加えてできあがり。

料理作りに正解はない。私たち日本人が親しむシチューのようなカレーは、日本の郷土料理なのかもしれない。おのおのの家庭のなかから、文化が創作されることは素晴らしいことだ。

木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク