アニメーション作成ソフト “MotionArtist” の評判は? 

シェアする

MotionArtist%-01-2200-26-57.jpg

私はSmith Micro社のグラフィックソフトを、こよなく愛しています。したがって、昨年に日本でも発売されたタイムラインアニメーション作成ソフト“MotionArtist”が気になっていました。同社はMotionArtistの魅力を、以下のように訴えています。

Bridge the gap between your comics and millions of readers. MotionArtist is a composition and presentation tool with a new approach to animation that’s designed with the comic artist in mind!
あなたのコミック作品とそれを読む何百万人の間にある溝を埋めます。 MotionArtistは漫画家が使うことを念頭において設計され、アニメーションへの新たなアプローチが備える編集・プレゼンテーションのツールです!

難しい学習の必要もなく簡単にアニメーションができること。HTML5に対応した出力ができる。すなわち、FLASHに対応していないスマホなどでも、作品としての動画を公開できるということでしょう。
Mac App Storeで発売されたのが、2013年11月21日。評判を調べたいのですが、Googleで検索しても、日本人がレビューした記事はほぼヒットしない。なぜなのだろう……?

twitterに用意されたMotionArtistのURLをみると、フォローとフォローワーの数が逆転している。この数の逆転は、ひとつの評価を示しているのかもしれません。Mac App Storeを窓口にしてMotionArtist – Smith Micro Software, Inc.; Consumer Divisionはダウンロード購入ができます。記事を書いている今日現在で5000円。値段としては、高額ではないけれど、安くもない。やや躊躇させる値段。$25ぐらいの値段だったなら、お気軽にお試しで購入できたかも。

twitterで、つぶやきがあるか調べてみた。

これくらいの数の人しかつぶやいていません。このように、日本国内ではあまり話題になっていないようだ。Amazonに寄せられたレビューが、参考になるかもしれない

So please before giving it bad review, study what it is for, and if you already have an animation program like toon boom or anime studio then you probably don’t need motion artist.

評価が高くないレビューをする前に、このソフトが何のためにあるのか研究してください、すでにtoon boomやAnime Stdioのようなアニメーション作成ソフトを持っているなら、モーションアーティストは必要ありません。

MotionArtistで、絵が描けるわけでもなく、色を塗れるわけでもない。絵に動きをもたらすことに特化したソフトのようです。同じことは、動画編集ソフトであったり、HTML5の編集ソフトでもできるのでしょう。もしすでに、Adobe社のAfterEffectsやSmith Micro社のAnime Stdioを持っているクリエーターなら、まずそれらの基本ソフトをマスターすることが先かもしれない。いわんや、Photoshopをや。ただし、$25程度のセールがあったら、MotionArtistをお試しで買ってもいいかもね。

MotionArtist – Smith Micro Software, Inc.; Consumer Division

木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク