3回の修理で改善なし Android不具合 引っ越し業者の苦言を聞く

シェアする

android-decal.png
画像処理・筆者

今日は倉庫の引っ越し。運送会社の運転手さんと二人きりで、荷物の積み卸しをして、トラックに乗って移動。私は助手席に座り、移動の時間に、運転手さんと雑談をした。運転手さんが使っているAndroid端末の不具合の話を聞いていた。ホームボタンを押しても、スリープ画面からホーム画面に変わらないとのことでした。修理には、三回も出し、新しい端末が届いても改善しない。「こんなスマホじゃ、仕事にならない」と怒っていた。

スポンサーリンク

iPhoneは素晴らしいが、通話録音ができないので業務用としては使えないとのこと

こんなスマホじゃ、仕事にならないと怒ってはいるものの、ショップの店員にクレーマーと思われては恥ずかしい。「今回は直りましたよね」と言って、大人の対応で修理品を受け取っている。しかしながら、ホームボタンの不具合は直っていないのでした……。

使っているのは国産のスマホで、機種変更ときには、無料でも国産メーカーは選ばないと言っていた。では、iPhoneはどうなのかというと、安定していて素晴らしい。しかし、通話録音が機能としてもアプリもないために、業務用としては使えない。したがって、国産メーカー以外のAndroidスマホを購入すると言っていたのでした。

私は、どのAndroidスマホがオススメできるのか考えてみた。すぐに浮かばなかった。私自身が自分のために買うのなら、Nexusシリーズだろうと思った。

国産以外のスマホが素晴らしいとは限らない。もしiPhoneで通話録音ができたなら、なるほど仕事で使える充実した端末となるだろう。このことは強く共感した。

木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク