パフォーマー渡辺ユキヲさんに聞く スペース☆シャンション「孤独慣れ・子毒で無かれ・慣れは上手の素直なれ(後)」のこと その後のこと

渡辺ユキヲ

(イラスト:筆者/based on 「我!デブニクス 此!ガリクソンスペース☆シャンション」)


魂のど真ん中へ直球勝負。熱いステージが魅力のスペース☆シャンション。「スペース☆シャンション」とは何なのか……。スペース☆シャンション企画「孤独慣れ・子毒で無かれ・慣れは上手の素直なれ(後)」を二日後に控えた本日。中心人物の渡辺ユキヲ氏に取材しました。

スポンサーリンク

■クラクラするくらいにポップ!

渡辺ユキヲ
我!デブニクス 此!ガリクソンスペース☆シャンション
渡辺ユキヲ氏の物腰は、とても紳士的。礼儀正しく、言葉遣いも丁寧。いつお目にかかっても、この印象は変わりません。しかし、YouTubeなどに残されている映像を観ると、ステージでの姿は反比例して違うようです。クラクラするくらいにエロティックで、とんでもなくはじけています。魂のド真ん中にメッセージを放り込まれている気持ちになります。
私は、渡辺ユキヲ氏にFacebookで質問メッセージを送信しました。私の無礼に対しても、やはり紳士的に答えてくださいました。

クリエーターたちの出会いと化学反応を“見る”

木村「“スペース☆シャンション”とは、何ですか?」
渡辺「宇宙劇団スペース☆シャンションは、渡辺ユキヲそのものです。私が構成して、作曲し詩を書き、朗読、演出をしています。私を通じていろんな人が出会い、化学反応を起こします。それを見るのが趣味!」
木村「ユキヲさんのこれまでの出会いそのものが、スペース☆シャンションに表れているようですね!」

人と人との化学反応を見るのが「趣味」という言葉に、独特のエロティズムを感じました。
ステージは、渡辺ユキヲ氏の世界が土俵としてまず用意されていると言えそうです。この上に、さまざまアーティストたちがコラボレートしてゆきます。テクノ生活20何年のペナ氏のサウンド、時には女優、ミュージシャン、イラストレーターなどが、時にはアングラっぽく、ポップに紡いでゆきます。

ファッションを意識させる舞台演出

渡辺ユキヲ
唇答えネットワークスペース☆シャンション
彩りといえば、渡辺ユキヲ氏は、文字通りのファッションの面でも大きなセンスを発揮しています。サイト“cocoena”での「モノインタビュー」では以下のように答えています。

私は良く、ファッションで遊んだりもするんですよ。
有名人ぽい格好ってあるじゃないですか、芸能人の誰氏では無くて職場の人の格好を真似て行ったりする事もあるんですよ(※1)

渡辺ユキヲ氏にとっての舞台の演出は、彼のファッションセンスを発揮する延長にあるのかもしれません。
16日のイベント「孤独慣れ・子毒で無かれ・慣れは上手の素直なれ(後)」では、TBS系全国ネット「チューボーですよ!」に楽曲を提供して活躍するCittYのベーシスト・岸田小石氏などの出演も見所に感じます。

今後をうらなうスペース☆シャンション

気になるところは五回目となる「孤独慣れ・子毒で無かれ・慣れは上手の素直なれ(後)」で、スペース☆シャンションがいったん最後となるということ。

木村「今回が最後とのことですが、新しいイベントがはじまるのですか?」
渡辺「ソロは準備スタートしています。今年開催したソロが、意外に好評で泣く大人多発」

形を変えて表現活動は、継続してゆくそうです。「泣く大人多発」とのことで、どのようなお話なのか気になります。ソロ以外に映画という切り口でも、展開されるそうです。

木村「スペース☆シャンションの演出。イベントを通しての出会いや成果は、今後のソロや映画などでも活きてくることでしょうね!」
渡辺「映画は、無理だと言われてもやってみないと分からない。知り合いの監督さんにアドバイスいただきながら、すべてやってみて、答えを出します!」

映画といえば、時間や資金とか人材確保とか、いろいろ大変そう。スペース☆シャンションは、いったん最後にする必要があるのかもしれませんね。今後の渡辺ユキヲ氏をうらなう意味でも、2013年12月16日のイベントは、大きな見所でしょう!

「孤独慣れ・子毒で無かれ・慣れは上手の素直なれ(後)」

出演:アキリーヌ・フランソワーズ、スーパースリー、スペース☆シャンション、だいち、hiy、山田尚史、yukky、優実、渡辺ユキヲ(50音順)
日時:12月16日(月)17時30分 開場/18時00分 開演
料金:2500円+1D500円
会場:恵比寿「ライブゲートトウキョウ」

【参考・Sauce】
※1cocoena
服に着られる事なく、感性でファッションを楽しむワザは、人生を楽しみながら生き抜くワザなのかもしれません!
閲覧日2013年12月14日。
※LIVEGATE

閲覧日2013年12月14日。
※Facebook「孤独慣れ・子毒で無かれ・慣れは上手の素直なれ(後)」

閲覧日2013年12月14日。
孤独であるためのレッスン (NHKブックス)
諸富 祥彦
日本放送出版協会
売り上げランキング: 10,975
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク