ブライアン・イーノ『Apollo』 Icebreaker – BJ Cole, pedal steel guitar

シェアする

apollo.jpg

近年、Bang on a Can による“Music for Airports”のように、ブライアン・イーノのアンビエント作品を生演奏するプロジェクトが試みられている。そのひとつとして2009年に、the IMAX cinema at the Science MuseumでIcebreaker featuring BJ Coleよって行われたライブ演奏がある。私たちは、イーノのアンビエント作品は、これまで再演奏は不可能と考えがちだったかもしれない。どれもが、オリジナルを上回る素晴らしい出来だ。

スポンサーリンク

■Brian Enoの「Apollo」とは

Criterion Collection: For All Mankind [DVD] [Import]

「Apollo: Atmospheres & Soundtracks」(1983年)は 、NASAの要請で制作されたアル·レイナート監督による「For All Mankind」のサウンドトラックアルバム。アポロ計画のドキュメンタリー映画で、ケネディ大統領の演説からはじまり、宇宙飛行士のインタビュー、月面着陸から地球への帰還に至る記録フィルムから構成されている。 楽曲はブライアン·イーノ、ダニエル・ラノワや実弟のロジャー・イーノとの共同作業によって提供されている。
「Apollo: Atmospheres & Soundtracks」は、ブライアン·イーノが提供した楽曲に関しては、ややオカルト的で、暗い。しかしながら、An Ending (Ascent)といったブライアン·イーノを語る上では欠かすことができない名曲も含まれている。
no-title
Brian Eno – An Ending (Ascent)

■ Icebreaker – BJ Cole, pedal steel guitarによる「Apollo」の魅力とは

Icebreakerはインプロ/クラシシカル・バンドで、2009年のライブ演奏ではペダルスチール・ギタリストのBJ Coleも加わっている。オカルト的で、暗く陰鬱だったオリジナルのサウンドを、「普通に聴ける」レベルまで“引き上げた”印象だ。ほかにも、オリジナルアルバムに収められているダニエル・ラノワの楽曲は、いま聴くにはサウンド的に牧歌的で古くさい。しかし Icebreaker featuring BJ Coleによる再演奏では、楽曲がもともと持っていた輝きや彩りを取り戻している。
Icebreaker – BJ Cole, pedal steel guitarによる「Apollo」を聴く魅力と価値は、もちろん「 An Ending (Ascent)」にあるのかもしれないが、ダニエル・ラノワの仕事を再評価するところなのかもしれない。
no-title
Icebreaker feat. B.J. Cole – ‘An Ending (Ascent)’ Part I (Live)

Apollo
Apollo

posted with amazlet at 13.12.12
Eno Lanois
Cantaloupe (2012-06-19)
売り上げランキング: 32,114
【参考・Sauce】
※Apollo [CD, Import]の商品説明より
Musique de Brian Eno, Daniel Lanois & Roger Eno / Icebreaker - BJ Cole, pedal steel guitar
2013年12月12日閲覧。
※ブライアン・イーノ『Apollo』を生演奏で再現、Icebreakerのアルバムから「An Ending (Ascent) II」が試聴可
ブライアン・イーノの『Apollo』を生演奏で再現した、インプロ/クラシシカル・バンドIcebreakerのアルバム『Apollo』。本作から「An Ending (Ascent) II」が試聴可 
2013年12月12日閲覧。
木村邦彦

某メディアの編集制作をしています。妻と二人暮らしの兼業主夫でもあり、実生活の充実も大切にしてます。最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク