ブドウを食べながらアップルの歴史を読んだ。

シェアする

IMG_2305.png

仕事から帰って、部屋でブドウを食べた。ブドウを食べながら、Apple創業者の伝記を読んだ。
iPhoneよりも、iPadの開発が先だった事実には驚いた。
ジョブスによれば、iPadの説明には苦労していたようだ。iPadとは何か。五世代目となったiPadAirについても、重要な問いかけだ。これは禅問答ではなく、きちんとした答えがあるだろう。

ipod の場合、それがなんであるのかは簡単に説明できた。 1000 曲をポケットにだ。だから、偶像的なシルエットの広告へきっと進めたんだ。でも、ipad はなんであるのかを説明しにくい。(p.357)

いまから三年前の2010年10月、初代iPadが発売された。当時のコマーシャルでは、このように紹介されていた。

「ipad は薄い。lpad は美しい…。クレー ジーなほどパワフルだ。魔法のようだ…動画に写真。一生かかっても読みきれないほどたくさんの本。これはもう革命だ。しかも始まったばかりなのだ」(p.359)

iPadAirには、Appleの正統なDNAを受け継がれているだろう。Apple製品の美学とは、いかに薄く、シンプルするかなのだから。
参考文献:『スティーブ・ジョブス』ウォルター・アイザックリン著/井口耕二訳

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク