レインコートを着て陽をあびる

シェアする

070908-3-72.jpg
さかなの「レインコート」は、神がかった美しい曲だと思う。この曲が収められているアルバム「D’eau」自体が、瞑想的な世界だ。
私が三十代の終わり頃、離婚を決意した友人が、ある日、突然私のもとへやって着た。友人と、その日は、一日中、語り明かした。まるで、二十代に戻ったかのようだった。
古い友だちは、「さかな」の「水」というアルバムを手土産に置いていった。友人によれば、さかなのボーカルのポコペンさんは、もう「水」のような曲は歌わないだろうと言っていた。熱病にうかされたような、狂った青春のような世界だと思う。誰しも、速やかに通り過ぎるべき、美しく懐かしい狂った時代であるのかもしれない。

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク