飯田橋にあるラーメン屋「えぞ松」の思い出

シェアする

130512-72.jpg
今日の夕ご飯は、ソイミートで作られた回鍋肉でした。妻が作ったベジタリアン向けの回鍋肉を食べながら、私は大学時代のことを思い出していました。

私の母校は、飯田橋にありました。私が新入生の頃、サークルの先輩に連れられてラーメン屋の「えぞ松」にてご馳走になったことを思い出します。先輩たちは、私たち後輩に回鍋肉をおごってくれました。えぞ松の回鍋肉は、非常に個性的で、とてもボリュームがあります。今はどうか分かりませんが、20年以上前のえぞ松の回鍋肉は、ほとんど脂身ばかりの分厚い豚肉が山盛りになっていました。更に、私たちはこの上へ、すり下ろした生ニンニクを山盛りにのせました。

この命知らずな食べ物は、若者の胃袋をも容赦なく痛めつけ、一日中胃もたれから免れ得ません。しかしながら、貧乏な学生たちにとっては、この胃もたれこそが満腹感そのものの喜びのことでもありました。

一年たち二年たち…。私たちが上級生になると、私たちは後輩にえぞ松の回鍋肉をご馳走しました。後輩たちは、健康的とは言いがたいメニューの胃もたれに苦しみつつも、脂身とニンニクがもたらす禁断の喜びを伝授されることとなるのです。

私は、回鍋肉の不思議なおいしさに囚われていました。私も、回鍋肉を手作りしたいと願うようになりました。豚肉に、お味噌汁用の味噌と砂糖を入れて、豚肉を炒めてみました。しかし、到底「回鍋肉」とは言いがたく、どちらかと言えば「炒めた豚汁」のような味わいでした。その頃の私は「甜麺醤」(てんめんじゃん)とか「豆板醤」などと言った中華風の調味料を知りませんでした。
今日食べた、妻が作ったソイミートの回鍋肉は、紛れもなく中華料理の味がしました。そして、脂身ばかりの回鍋肉と比べれば洗練された味わいでもありました。ニンニクではなく、ショウガが使われていました。私は、学生時代のワイルドな回鍋肉には、体力的にも年齢的にも、もう戻れないと思いました。
飯田橋のえぞ松の前を通るたび、学生時代に通り過ぎた先輩や後輩、そして友人たちの顔を私は思い浮かべることでしょう。

木村邦彦
最近はまっているのは、禅関連の読書。(さらに詳しい自己紹介
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク